沿革

昭和25年4月1日

北海道月寒高等学校石山分校設置認可。豊平町立石山中学校に併置。

昭和28年4月1日

北海道石山高等学校として独立。

昭和36年5月1日

豊平町の合併により北海道石山高等学校と校名変更。

昭和51年12月14日

定例市議会で昭和54年、55年に市立高校を新設することを市長表明。

昭和52年3月17日

定例市議会で昭和55年度に建設する市立高校の場所は豊平区平岸地区と教育長発表。

昭和52年12月14日

定例市議会で市立石山高等学校を新設の平岸地区高等学校に移設すると教育長表明。

昭和53年7月25日

札幌平岸地区高等学校(仮称)土地造成工事着工

昭和54年5月23日

札幌平岸地区高等学校事務取扱発令。校長外山慶治他教頭2名

昭和54年6月1日

校舎第一期工事着工(昭和55年2月25日竣工)。

昭和54年9月17日

校名「北海道札幌平岸高等学校」と決定

昭和54年9月20日

札幌石山高等学校を55年度開校予定の札幌平岸高等学校に統合、ただし昼間部は札幌星園高等学校に移籍することが決定。

昭和54年12月25日

北海道教育委員会告示第82号により全日制普通科6学級、定時制普通科1学級設置認可。

昭和55年3月26日

札幌石山高等学校より移転。

昭和55年4月1日

北海道札幌平岸高等学校開校。校長外山慶治他職員40名。

昭和55年4月9日

開校式ならびに全日制課程第1回入学式挙行。

昭和55年5月9日

講堂着工(昭和55年11月10日竣工)。

昭 和56年1月29日

校舎落成記念式典挙行。

昭 和56年4月1日

全日制普通科4学級増募(10間口)。

昭 和58年3月11日

全日制課程第1回卒業式挙行。

昭 和60年7月17日

通学路工事着工(昭 和60年11月9日竣工)。

昭 和60年7月24日

グラウンド整備着工(昭 和60年11月17日竣工)

平成2年9月22日

開校10周年記念式典挙行。

平成12年9月22日

周年記念(全日制20年、定時制50年)式典挙行。

平成17年4月1日

全日制普通科デザインアートコース開設(1間口)。